• 亜麻仁油の理想的な摂取量とは

    様々な効果が期待出来る亜麻仁油は摂取量については具体的には言及されていませんが、厚生労働省の健康指針ガイドではオメガ3として扱うと1日約3gの摂取が望ましいといわれていて、軽量スプーンだと大さじ1杯です。



    中には大好きで毎日かなりの量を摂取している人もいますが、これも食事のバランスをきちんと考えて摂る場合は量はあまり気にしなくても良いといわれています。


    亜麻仁油に含まれるα−リノレン酸が体内で変換される最終段階でエネルギーを消化する生理活性物質になるので、様々な食品から脂肪蓄積に繋がる油を摂取している場合は、良質の亜麻仁油をたくさん摂取したほうが良いともされています。

    摂取するタイミングとしては食事中に摂るのが一番で、酸化しやすいのでよくそのまま食前や食間に飲む人がいますがこれは避けたほうが良いです。

    油だけ摂取すると消化も良くなくて胃腸などの消化器官も食品として受け付けないため酵素の働きも活性しないで体内に栄養価として吸収されなくなります。
    摂取するときには味噌汁や納豆や冷奴にかけたり、サラダなどのドレッシングにしたりするのがおすすめです。



    味にくせがないため毎日の食事にも取り入れやすいです。


    良質な油分は料理をまろやかにして旨味や風味も高まります。


    亜麻仁油は色々な体調不良にも効果的とされていてその効果も実証されています。油は免疫力が下がった体には駄目とされていますが、亜麻仁油は細胞を正常に導く作用があることがわかっていて本来人が持っている自然治癒力を取り戻す効果もあるとされています。